プロも驚きの高性能隠しカメラを激安で販売しております。

隠しカメラ専門店

暗視補正機能と赤外線ライトの違いは?

当店で販売している隠しカメラには、暗闇でもはっきりとターゲットが映るように、暗視補正機能や赤外線ライトがついたものがあります。では、いったい暗視補正機能と赤外線ライトはどう違うのでしょうか。

 

暗視補正とは?

 

肉眼では暗闇ではターゲットははっきりと見えません。もちろん隠しカメラでそのまま撮影すると暗く映ってしまいますが、そのターゲットを、「照明が当たっているように明るく色再現してくれる」 のが暗視補正機能です。

 

夕方や夜間など暗い場所では、撮影に必要な光が十分にありません。そんなときに目安にしてほしいのが、「最低被写体照度」。これは、撮影可能な最低レベルの明るさを表します。そしてその単位はLux(ルクス)であらわされます。
暗視補正機能つきの隠しカメラの「最低被写体照度」は、約1ルクスです。これは、暗闇でろうそくをつけ、そこから1mくらい離れたところの明るさ、といったところです。
よって、暗視補正機能つき隠しカメラは、その環境ででもターゲットをはっきりと映してくれるといえます。

 

 

 

赤外線ライトとは?

 

赤外線、と聞いてテレビのリモコンや、携帯(ガラケー)の赤外線送信を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「赤」とありますが、実際には赤い光が出るわけではありません。赤外線は、人の目では見ることができない光で、「不可視光線」とも呼ばれます。現在、各ブランドはその赤外線ライトがついた隠しカメラに力を入れているのです。

 

赤外線ライトは光が全くない真っ暗闇でもターゲットを映し出すことができます。それは、赤外線ライトの「最低被写体照度」が、0.0Lux(※赤外線使用時)だから。「最低被写体照度」が低ければ低いほど、暗い場所での撮影が可能になりますので、赤外線ライトは、暗視補正機能よりも暗い場所に強いといえます。

 

 

 

真っ暗闇で撮影したいなら、
暗視補正より赤外線ライトがいい!

 

以上のことからもお分かりのように、真っ暗闇(光が全くない状態)でターゲットを映したい場合は、暗視補正機能つきの隠しカメラより、赤外線ライトがついたものを選ぶといいでしょう。

 

ただ、隠しカメラの赤外線ライトは有効距離(照射距離)が短いもの(約1m~2mなど)が多いので、そこは気をつけなければなりません。遠く離れた被写体を撮る場合は、役に立たないこともありますのでご注意ください。

 

 >>暗視補正機能つき隠しカメラはこちら

 

 >>赤外線ライトつき隠しカメラはこちら 






ホーム RSS購読 サイトマップ
ご購入ガイド お支払い&配送について 返品について SHOP紹介 カートを見る
ご購入ガイド