プロも驚きの高性能隠しカメラを激安で販売しております。

隠しカメラ専門店

暗闇でキレイに撮影するには

一般のビデオカメラなどで
暗闇で撮影するとどうなるでしょう?

 

真っ暗に映るだけではなく、全体にノイズの目立った映像になってしまった、という経験はありませんか?
これは、ビデオカメラが自動的に感度を高くするために起こる現象です。
AGCリミットなどの機能がるビデオカメラでは、そこで感度の上限を制限してあげると、それ以上感度が高くならず、暗いシーンを暗いまま、キレイに撮影することができます。

 

 

誕生日のケーキのろうそくはフラッシュを使わない

 

暗闇での撮影の定番といえば、誕生日のケーキのそうろくを吹き消すシーン。

愛する子どもの記念写真を撮るときに、フラッシュをたいてしまっては、せっかくのろうそくの雰囲気のある灯りが台無しになってしまいます。

 

この場合は、フラッシュをたかずに撮影してみてください。
ふんわりとしたろうそくの、あたたかい灯りに照らされたお子様の表情がしっかりと映せるのです。

 

もちろん、がんばって作ったケーキもフラッシュなしで撮影すると、デコレーションの文字や飾りのフルーツまできれいに映せますよ。

 

 

 

 

隠しカメラでは、暗視補正機能や赤外線ライトを使う

 

隠しカメラでは、暗闇で撮影する機会も多いでしょう。
夜中におこなわれるいたずらや、暗い場所でなされるいじめなど、暗闇でしっかり証拠となる映像を撮りたい場合は、暗視補正機能つきの隠しカメラや赤外線ライトがついた隠しカメラを購入することをオススメします。

 

→暗視補正機能と赤外線ライトの違いはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 






ホーム RSS購読 サイトマップ
ご購入ガイド お支払い&配送について 返品について SHOP紹介 カートを見る
ご購入ガイド