プロも驚きの高性能隠しカメラを激安で販売しております。

隠しカメラ専門店

隠しカメラのレンズの位置はどこにあるの?

もともととっても小さい隠しカメラですが、そのレンズはどこについているのでしょうか。タイプ別にみていきます。

 

ペン型隠しカメラのレンズ

 

ペン型隠しカメラのレンズの位置は、だいたいの場合、キャップ部分のクリップのすぐ上にあります。たいていの場合、胸ポケットなどに入れて、レンズの位置を被写体に向け撮影することが多いです。また、会議の様子や、商談で使う資料の中身を撮影する場合は、手にもってうまく角度を調整するといいでしょう。
クリップの部分がレンズの位置や角度の目安になります。

 

 

キーレス型隠しカメラのレンズ

 

キーレス型隠しカメラのレンズの位置は、背面や側面などいろいろです。カメラ自体が手に持ったときにすっぽりかくれ安いので、レンズの位置がどこかをよく把握して、うまく被写体にレンズをあわせられるように角度調整の練習をしておくといいでしょう。
USB端子やステータスランプは側面についているものもありますが、これは側面を覆うカバーがついているものもあり、うまく隠すことができるようになっています。

 

 

腕時計型隠しカメラのレンズ

 

腕時計型隠しカメラのレンズの位置は、文字盤の表面にあります。腕時計タイプの隠しカメラのほとんどはクロノグラフ(ストップウォッチつき)で文字盤がごちゃごちゃしているので、小さなレンズは目立ちにくくなっています。
被写体にレンズを向けやすいように、普段の時計も、文字盤が腕の外側にくるようにつける習慣をつけておくといいでしょう。腕を動かすとすぐにレンズの角度が変わってしまいますので、うまく撮影するには練習が必要です。

 

 

置時計型隠しカメラのレンズ

 

置時計型隠しカメラのレンズは、時計の前面の位置にあります。撮影にあたっては、一旦レンズの角度を定めたら動かすことがまずありませんので、調整が必要なのは高さだけともいえるでしょう。被写体の位置をある程度予測し、うまく写るように時計を置く高さに気をつけてください。置時計型隠しカメラは、外部コンセントを利用したら24時間連続で録画できるものも多いですので、コンセントの位置も大事です。

 

 

火災報知器型隠しカメラのレンズ

 

火災報知器型隠しカメラのレンズは、天井に取り付けたら広い角度で部屋の中を撮影できるようになっていますので、あまり調整する必要はありませんし、まず気づかれることはないでしょう。天井のどの位置に置くかだけを事前にしっかり決めておきましょう。

 

 

フック型隠しカメラのレンズ

 

ハンガーフック型の隠しカメラのレンズは、フック部分の上の位置についている場合がほとんどです。服をかけても隠れないようになっています。よく見ると、レンズが少し不自然ですので、フック自体をあまり目立たないところに取り付けるのがおすすめです(^_^;)

 

 

メガネ型隠しカメラのレンズ

 

メガネ型隠しカメラのレンズは、フレームの前面についています。ちょうど真ん中の位置にあるものもあれば、端についているものもあります。視線と同じ感覚で被写体を追いかけることができるので、とても便利ですが、レンズがフレームの端についているタイプは、事前に撮影できる範囲をしっかり把握しておくことをおすすめします。

 

 

ライター型隠しカメラのレンズ

 

ライター型隠しカメラはとってもコンパクト。レンズの位置も分かりにくいように、底部分についていることが多いです。手に持ったときにうまくレンズ部分を隠すようにして撮影できるよう練習してみてくださいね。

 

 

その他にも、いろいろな隠しカメラのタイプによって、レンズの位置もさまざまです。撮りたいものが決まれば、どんなシチュエーションでレンズをどんな位置でどういう風に被写体に向けられるのかを考えて、商品をお選びいただくと失敗することはないでしょう。

 

 

 

 

 

 






ホーム RSS購読 サイトマップ
ご購入ガイド お支払い&配送について 返品について SHOP紹介 カートを見る
ご購入ガイド